top of page
  • 執筆者の写真桜新町エステサロン Salon de Licious

未経験から自宅サロンを開業したい方必見!メリットやデメリット、注意点を紹介!


現代は、一昔前に比べると断然起業のハードルが下がっています。

情報も多く出回っていますし、コストをかけずに始められるビジネスも増えてきています。


近年主婦の方、異業種の間で注目を集めているのが、自宅サロンです。

この記事を見ている方の中にも、


「自宅サロンを開業したい」


でも資格がないしなぁ。。

経営する自信なんてないなぁ。。。


そう考えている方もいらっしゃるかもしれません。


そこで今回は、自宅サロンのメリットやデメリット、注意点について詳しく解説していきます。



今流行りの自宅サロンとは?

自宅サロンというのは、店舗を借り上げて始めるのではなく、自宅の一室をサロンとして開業するビジネスモデルを指します。

アパートやマンションなどに住んでいる場合は難しいですが、戸建てに住んでいる方であれば、空いている部屋をサロンとして改築することによって開業できますので、非常に挑戦しやすいと言えるのです。


自宅サロンを開業するメリットは?

では次に、自宅サロンを開業するメリットについて詳しく見ていきましょう。



資金を抑えやすい

自宅サロンの代表的なメリットは、資金を抑えやすいことです。

通常、サロンを開業しようと思った場合は、物件を契約しなければなりません。

物件を契約するためには、初期費用も必要になりますし、契約した後も毎月家賃が発生します。

一方、自宅サロンの場合は、物件を契約する必要がなく、既に住んでいる住宅を使って開業できますので、

・初期費用

・家賃

などを支払う必要がなくなるのです。



気軽に始められる

冒頭でも解説したように、現代は比較的起業しやすい時代になっていますが、自分でビジネスを始めることを躊躇してしまっている方も多くいるはずです。

自宅サロンの場合は、既に箱ができている状態ですので、1から準備を進めていくよりはハードルが下がります。

起業を成功させるためには、

「一歩を踏み出す」

ことが大切であり、自宅サロンを開業することによって、この大切な一歩を踏み出しやすくなるのです。



営業時間を自由に決められる

サロンを開業したいと考えている方の中には、

「家事や育児の合間に仕事をしたい」

「自分の都合に合わせて働きたい」

と考えている方もいるでしょう。


自宅サロンなら、営業時間をある程度自由に決められますので、ストレスを感じることなく自分のライフスタイルに合わせて働けます。



お客様との距離を縮めやすい

自宅サロンは、とにかくお客様との距離が近いです。

店舗型のサロンは、受付がいて、エステティシャンがいて、複数人のお客様がいてという状態になりますが、自宅サロンの場合は基本的にすべての業務を自分で行うことになりますし、お客様も1人、多くても2人になると思います。


そのため、お客様との距離を縮めやすく、ファンやリピーターを獲得しやすいと言えるのです。


自宅サロンを開業するデメリットは?

では次に、自宅サロンを開業するデメリットについて詳しく見ていきましょう。



立地面で不利になることもある

サロンに限らず、ビジネスを成功させるためには、お客様が集まる場所で営業を始めなければなりません。

サロンやお店などが、駅の近くに密集しているのは常にたくさんの人で溢れかえっているからです。

自宅サロンの場合、場所によってはアクセスがかなり悪くなってしまうケースがあり、お客様が離れてしまう可能性もあります。



ブランディングが難しい

人気のサロンにするためには、お客様に価値を感じてもらう必要があります。

一等地にあるサロンや、規模の大きなサロンというのは、それだけでブランディングができますので、お客様がつきやすいです。

ただ、自宅サロンの場合は誰が運営しているのかもわかりませんし、どのようなサロンなのかもイメージできませんので、敬遠されてしまうこともあるのです。


特に新規のお客様には不安や警戒心を持たれてしまうことがありますので、施術や人柄で補わなければなりません。



自宅の場所を公開する必要がある

自宅サロンを成功させるためには、見込み客にサロンの場所を知ってもらう必要があります。

そのためには、

・ホームページ

・広告

・SNS

などで自宅の住所を公開しなければなりません。

場合によっては、自宅の外観や内装の写真を掲載するケースもあるでしょう。


ただ、自宅サロンは仕事場でもありますが、自宅でもありますので、不特定多数の人に公開するのは不安ですよね。

安易に情報を公開してしまうと、嫌がらせやストーカー被害などのリスクが高くなりますので注意しましょう。


セキュリティやプライベートに配慮しながら営業したいという場合は、

「住所は個別にお知らせします」

と事前に伝えておくのがおすすめです。



来店のハードルが上がりやすい

ある程度規模の大きなサロンや、複数のスタッフ、お客様がいるお店は比較的気軽に入れますよね。

ただ、自宅サロンの場合、お客様からすると他人の自宅にお邪魔するという感覚になりますので、どうしてもハードルが上がります。


中には、この部分にストレスを抱えて来店を見送る方もいますので、来店のハードルを下げるための工夫が必要です。


自宅サロンを開業するうえでの注意点

では次に、自宅サロンを開業するうえでの注意点について詳しく見ていきましょう。



差別化ポイント、強みを明確にする

自宅サロンは、気軽に開業できる反面、一般的なサロンに埋もれやすく、スルーされてしまうことも多いです。

たくさんのお客様に認知及び来店してもらうためには、差別化ポイントや強みを明確にすることが大切です。


他の自宅サロンとは何が違うのか、来店するメリットは何なのかをしっかりとアピールできれば、お客様の興味や関心を惹きやすくなりますので、来店率も高くなります。



生活感をできるだけ払しょくする

自宅の一室でサロンを開業する場合は、できるだけ生活感を無くすことが大切です。

特に意識すべきなのが、

・玄関

・仕事部屋

上記2つのポイントです。


ここに生活感が出てしまっていると、お客様に気を遣わせる可能性が高くなりますし、高級感や特別感が一気に薄れてしまいますので注意しましょう。



価格以外で差別化を行う

先ほども解説したように、自宅サロンを成功させるためには差別化や強みの明確化が大切になります。

中には、

「それなら価格を下げて、安さで勝負しよう」

と考える方もいるのですが、価格での差別化はあまりおすすめできません。


なぜなら、価格を下げれば下げるほど自分の首を絞めることになるからです。

価格が高くても、質の高い施術をしていれば自ずとお客様の満足度は高まり、リピートに繋がります。

快適且つ効率的に利益を生み出すためにも、できる限り価格での差別化は行わず、それ以外の部分で差別化を図るようにしましょう。


自宅サロンを成功に導くには「商材」選びが重要?!

自宅サロンを成功に導くためには、商材選びが物凄く重要です。

とはいえ、近年では男性女性問わず美意識が高まっていることもあり、多くの企業が特徴の異なる美容商材を展開しています。

そのため、

「どれを導入すればいいかわからない」

と悩んでしまっている方もいるでしょう。


そのような方は、是非REVIの導入を検討してみてください。

REVI(ルヴィ)は日本人のために作られたブランドであり、多くのサロン、多くの人に愛されています。


REVIには、


・導入金額が比較的低い

・剥けない、痛みがない、ダウンタイムがないハーブピーリング

・豊富なホームケア商品のラインナップ

・ニキビケアからエイジングまで様々な年代のお悩みにアプローチできる唯一無二の商材

・脱毛器や痩身マシーンのみの購入も可能


などの特徴があります。


ただ、REVIを導入するためには認定講師から研修を受ける必要があります。

自宅サロンの開業を予定している方や、REVIを取り扱いたいと考えている方は、REVI認定講師でもあり、現役サロンオーナーでもある私までお気軽にご相談ください。





まとめ

自宅サロンは、開業のハードルも低くリスクも低いため、初めてビジネスに挑戦する方にもおすすめです。

いくつかのデメリットや注意点はあるものの、トータルで見るとメリットや魅力の方が大きいと言えますので、気になる方は是非挑戦してみてください。


サロン運営に当たってわからないことや不安なことがある方、REVIの導入を検討している方は、当サイトまでお気軽にご相談ください。




閲覧数:743回0件のコメント

留言


bottom of page